皆さんは車の免許をいつ取得しましたか?地域差はありますが、大学の夏休みなど学生のうちに教習所へ通って取得する人がほとんどみたいです。今回は車の免許について取り上げていくので、ぜひ気軽にチェックしてみて下さい。

教習所

しっかり準備しておこう!教習所に通って車の免許を取得するまでの費用はどのくらい?

急いで車の免許を取りたい!後悔しない教習所選びのポイントとは

非公認校の教習所でも車の免許は取れる?公認校と非公認校の違いを調べてみよう

区分と種類

車の免許には区分と種類があり、それによって運転できる車も決められています。すべて覚える必要はなく、自分の運転したい車がどれにあたるかチェックしておけば大丈夫です。詳しく紹介していくので一緒に覚えていきましょう。

第一種と第二種はどんな違いがあるの?車の免許の区分とは

運転免許の第一種と第二種には、まず運転する目的の違いがあります。第二種は、旅客を運送するという目的で旅客自動車を運転するときに必要な免許ですが、第一種は、単に公道を運転することを許可するための免許…

バスやタクシーを運転できる!第二種運転免許を取得するには

第二種運転免許を取得するための主な条件は、普通免許などの第一種免許を持っているか、他の第二種運転免許をすでに持っている者で、運転歴が3年以上あること、そして年齢が満21歳以上であることの2つです。…

短期間で免許を取るのなら合宿免許

運転免許証を取得するときには多くの場合、教習所に通い交通ルールや運転技術を学びますが、合宿免許とは合宿をしながら短期集中的に運転免許証を取得することを意味します。

中型と大型は何が違うの?車の免許の種類を覚えてみよう

運転できる車両と取得条件の違い

まず運転できる車両については、中型免許の場合は、車両総重量が5t以上11t未満で、最大積載量が3t以上6.5t未満、そして乗車定員が11名以上29名未満となっています。一方の大型免許の場合は、車両総重量が11t以上で、最大積載量が6.5t以上、そして乗車定員が30名以上になります。以上のことから、車両総重量が11t以上か未満かということが、2つの免許の大まかな違いということになるでしょう。次に取得条件については、中型免許の場合は、20歳以上で普通免許を持っている、または大型免許を取得して2年以上経過していることが必要になります。そして大型免許の場合は、21歳以上で普通免許を持っている、または大型特殊免許を取得して3年以上経過していることが必要とされています。

試験内容と費用の違い

試験の内容については、中型免許と大型免許で大きな違いはないと言われています。基本的にどちらの場合も、筆記試験と実技試験を受ける必要がありますが、大型免許の場合は、すでに中型免許を持っている場合は筆記試験を免除してもらえるケースがあります。費用に関しては、中型免許の場合、すでに普通免許を持っているのであれば16万円程度の費用で済みますが、持っていない場合はまず普通免許を取得する費用が20~30万円程度必要になるでしょう。一方の大型免許の場合は、すでに普通免許を持っているケースなら30~35万円程度が相場になります。そして中型免許をすでに持っているケースであれば、大型免許でも18~23万円程度と安く済ませることが出来ます。