バスやタクシーを運転できる!第二種運転免許を取得するには

免許取得の条件や方法について

第二種運転免許を取得するための主な条件は、普通免許などの第一種免許を持っているか、他の第二種運転免許をすでに持っている者で、運転歴が3年以上あること、そして年齢が満21歳以上であることの2つです。またそれ以外にも、視力や聴力に関する細かい条件が設けられているため、これらを全てクリアすることがまず必要になります。取得方法としては、教習所を利用する方法と、自分で練習をして直接技能試験を受けるという主に2つの方法があると言えるでしょう。そして教習所を利用する方法には、近所の教習所へ通う通学免許と、合宿しながら短期集中的に免許取得を目指す合宿免許の2つに分けることが出来ます。一般的には教習所を利用する場合が多いと言えますし、自分で練習するよりも無難な方法だと言えるでしょう。

免許取得の期間や費用について

教習所を利用する場合に免許取得にかかる期間は、通学免許の場合が20日程度で、合宿免許の場合が最短で8日程度だと言われています。ですので合宿免許の方が早く取得することが出来ますが、合宿免許の場合は教習期間分の休暇が必要になるため、仕事などのスケージュールを合わせる必要があるでしょう。そして費用に関しては、通学免許の場合が25万~40万円程度で、合宿免許の場合が20万円台前半というのが相場になります。そのため、より安く取得したい場合は、合宿免許を検討するのもよいでしょう。また、第二種運転免許の場合は、タクシー会社などが費用の一部や全部を負担してくれるケースも多いため、そうした会社に就職すれば費用を軽減することが出来ます。